3Dプリンターを詳しくご紹介~季節の行事を添えて

すっかり季節行事として定着した「ハロウィン」

これまでの製作リポートで、3Dプリンターを用いた製作を
チラチラと紹介しておりました。

今回は「ハロウィン」を題材としたオリジナルのフィギュアを製作し、
その製作工程を本格的にご案内します。

作図に取り掛かります

社員に美術大学で学んだ経歴の持ち主がおりまして、この方に出来上がりのサイズやイメージを伝えて、製作に掛かってもらいました。

そうするとイメージスケッチを始めて、アイデアを固めております。

そうこうしているうちに、3D作図ソフト「ソリッドワークス」を用いて、3Dデータの製作に取り掛かりました。

作図を終えて、次に3Dプリンターへデータを移してプリントを行うのですが、データ形式を「STL」に変換する必要があります。

データ変換はソリッドワークスの作業内で容易に出来ます。
ここでプリント出力する際の細かな仕様(出来上がりスピードや仕上がり品の精度の上げ下げ)を調整・変更します。

ここで3Dプリンターの登場です

調整したデータを3DプリンターにUSBで移し入れて、プリントをします。

機械の詳細スペックはこちらのリンクにて確認できます。

3Dプリンタを導入します – アクリル板加工製品のオーダーメイド「株式会社 三協樹脂工作所」 (sankyojushi.co.jp)

「フィラメント」と呼ばれる樹脂材を送り込み、熱で溶かして出力ノズルから抽出されて積層する事で、徐々に形になっていきます。

そして、このような形になりました。

プリントする際に、出来上がりの本体より以前に「土台」が形成されます。

これを出来上がり後に剥がして完成です。

この土台は容易に剝がす事が出来ます。

更にハロウィンな雰囲気が出る様に、被れる帽子も併せて製作しました。

作図の時点でフィギュア本体と帽子にオスメスのはめ込みを設けています。

出力後の調整なしで装着出来ました。

出来上がりのサイズは、高さ8センチ・幅6センチ強となっております。

ですが、これで完成では御座いません。

「後編へと続く!!」

所謂 “To Be Continued” で御座います…

以下のリンクよりご覧ください!!

3Dプリンターを詳しくご紹介-【後編】~更なる表現を求めて – アクリル板加工製品のオーダーメイド「株式会社 三協樹脂工作所」 (sankyojushi.co.jp)